フェイキックとは?

引用:中平眼科クリニックHP

フェイキックとは、眼内コンタクトレンズの事。
有水晶体眼内レンズ挿入手術とも呼ばれる治療方法で、角膜と水晶体の間に人口のレンズを挿入します。
自分の水晶体を残したままの状態で人工レンズを入れ、水晶体のピント調整能力はそのままにしておくことができます。

フェイキックに近い治療としては白内障の手術がありますが、これは自分の水晶体を取り除いて代わりに人口レンズを挿入するといったもの。つまり、自分の水晶体がなくなりますので、当然、レンズのピント調整機能もなくり、それがフェイキックとの大きく異なるものとなります。

白内障手術では、遠方の人口レンズを挿入した場合は近くを見るための眼鏡が必要となり、近くを見るための人口レンズを挿入した場合は遠くを見るためのメガネが必要となります。
フェイキックの場合では、自分の水晶体が残っているので、近くをみるのも遠くをみるのも人口レンズだけに頼らなくても大丈夫。
水晶体の調整機能から、メガネの利用はそこまで必要とならないのです。

フェイキックは可逆性の手術

目の手術として、視力回復のためのレーシック手術がありますが、フェイキックにはレーシックに対応できない近視を改善できる可能性があります
レーシック手術では強度の近視の改善は難しいのですが、フェイキックでは角膜を削らないのまま眼内コンタクトレンズを入れるので、強度近視にも対応可能
そうしたことから、レーシックよりも近視を改善させれる可能性が高いと言われているのです。

また、術後の視力を安定性からも、フェイキックの方が優れているといえます。
角膜を削らないので近視の戻りがなく、長い期間にわたって安定した視力をキープすることが可能
合併症といったリスクも少ないことも、安定性の高さを物語っているといえます。

ただ、合併症がまったくおこらない…という事ではないので注意が必要。
目に対しての手術であり、どんな手術でも100%の安全はなく、合併症へのリスクはつきもの。
もしも合併症が出たとしても、短期間で消えていくのがほとんど。
万が一のことを考えて、手術前の説明はきちんと聞いて、わからない事はしっかりと質問して疑問は解消させておきましょう。

ちなみに、フェイキックは術後にレンズを取り除くことが可能
人口レンズが目に合わない、調子がおかしく感じる…なんて時には、レンズを取り除いて手術前の状態に戻すことができるのも、レーシックにはない特徴と言えます。

Copyright© フェイキック.com , 2017 AllRights Reserved.