フェイキックの失敗

フェイキックは前房型と後房型とある

水晶体を残したまま人口レンズを挿入することで、視力回復が可能となるフェイキック。
白内障手術を応用し発展させたともいえる治療法です。

フェイキックでは角膜の厚みや目の悪さなどは関係なく手術可能
人口レンズを挿入する場所の違いで前房型後房型とに分けらえています。
この前房型と後房型では、安全面で大きく異なり、その違いを理解したうえで選ぶ必要があります。

前房型ではレンズが角膜と虹彩の間に配置されると、角膜と近いだけに角膜障害を引き起こしてしまう可能性があります。
ただ、水晶体からは離れているので、白内障になる可能性は低いとされています。
後房型では、虹彩と水晶体の間にレンズを配置するので角膜と距離が取れ、角膜障害の発症リスクは低くなります。
ただ、水晶体に近くなってしまう為、白内障になる可能性があるのです。

今現在、レンズが発達している事からも、どちらの方法でも合併症の発症リスクは低いとされています。
ちなみに、主流となっているのは後房型。
後房型は両目の手術が同じ日にできるのですが、前房型の場合は両目を同時に手術することはできず、1~2週間の間を開けなくてはいけません
そうした面倒からも、後房型の方が採用されることが多いのです。

近年懸念される内皮細胞への影響

フェイキックの特長からレーシックよりも優れているように思えますが、まだ定着してきたばかりの治療法なので、不確かな部分があるのは否定できません。
特にリスクが高いのが前房型
角膜と虹彩の間にレンズを設置した際に、レンズの影響で眼の中の房水の循環が低下してしまう恐れがあります。

房水とは、前眼房と後眼房の間を満たす透明な液体の事。
いつも一定量の排出がおこなわれ、水晶体や角膜などに栄養を届けるといった働きがあります。
人工レンズを入れることで、これまで普通におこなわれていた房水の流れが妨げられ、各眼の部位に栄養が届きにくくなるのでは…といった事が懸念されているのです。
また、内皮細胞への影響も心配されています。

内皮細胞はとても大事な細胞で、少ないとさまざまな障害が発生してしまうもの。
フェイキックの手術中にもわずかとはいえ減少してしまうのですが、術後には安定すると言われていました。
が、近年では術後も減少するケースが見られ、1~2年といった期間だけでなく、数年以上たってから急に減少してきたといったケースも出てきているのですからちょっと心配。
内皮細胞は二度と再生することはないので、十分な注意が必要となります

カテゴリ一覧

失敗談

フェイキック難民とは?

2017/04/25   -失敗談

レーシック難民という言葉をご存知でしょうか? レーシック難民とは、簡単に言うと、レーシックの手術を受けた後にその後遺症に悩まされている人たちのことです。同じように、フェイキックの手術を受けた人たちに後 ...

失敗談

フェイキックのリスク

2017/04/25   -失敗談

フェイキックは、安全で確実な視力回復手術だと言われていますが、目の手術である以上、ある程度のリスクもあると思われます。 比較的歴史が浅く、今後トラブルが起きないかは不明 フェイキックの手術が初めて行わ ...

失敗談

フェイキックの後遺症

2017/02/21   -失敗談

フェイキックで気を付けたい!術後トラブル 安全性が高いと言われているフェイキックですが、後遺症や合併症の可能性がまったくないわけではありません。 これはフェイキックだけでなく、レーシックでも他の手術で ...

Copyright© フェイキック.com , 2017 AllRights Reserved.