フェイキックとは?

強度近視でもフェイキックできる?

投稿日:

強度近視の場合、レーシックでは効果が出なかったり、そもそも手術が受けられないこともあります。
フェイキックでは強度近視でも利用できるのでしょうか?

強度近視について

強度近視とは、近視が進行した状態を言いますが、目の奥行の長さである眼軸が伸びてしまったり、水晶体の厚みの調整がうまくできずに、焦点が合わなくなってしまった状態にあります。
このような状態を放置しておくと、網膜や視神経に負荷がかかって、網膜剥離や緑内障などの合併症を起こしやすくなります。

視力としては0.1~0.02くらいの数値になりますので、最近視力が落ちてきたという人は、強度近視になっていないかチェックして、早めの治療をすることが推奨されています。

強度近視はレーシックでは治らない?

視力回復手術として人気を集めたレーシックですが、強度の近視の場合にはあまりおすすめできません

レーシックは、角膜を削って屈折率を調整する方法ですが、角膜はとても薄いものですし、強度近視の視力を回復するために角膜を薄くしすぎると、乱視になる可能性もあります。また、一度削ってしまった角膜は再生しませんので、手術も困難になりますし、さまざまな危険性も高くなります。

角膜の薄い人は手術することすらできない場合もあります。

フェイキックなら強度近視でも効果あり

フェイキックなら、強度近視の中でも特に進行の進んだ最強度近視の人でも、確実に視力を回復できます。

それは、フェイキックが角膜を削ったりする必要がなく、その人の視力に合ったレンズを装着するという方法だからです。角膜の厚さに関係なく視力を回復できますし、万が一問題が発生した場合にもレンズを取り外すことができるので安心です。

また、強度近視の人は、白内障や緑内障になりやすいというリスクがありますが、フェイキック手術をした後に白内障などが発症した場合でも、フェイキックのレンズを取り外して手術ができます。ただ、すでに白内障などを発症していると、フェイキック手術が受けられないので、強度近視で悩んでいる方は、早めにフェイキックを取り入れることをおすすめします。

新宿近視クリニック

-フェイキックとは?

Copyright© フェイキック.com , 2017 AllRights Reserved.