フェイキックとは?

フェイキックのメリット

投稿日:

メガネよりコンタクトよりも楽なフェイキック

フェイキックのメリットを挙げてみると、以下のことがあります。

●角膜は削らずにレンズを挿入するので、後でなんらかの問題が起きた時にレンズを再度取り出すことができる。
●レンズにはコラマーというコラーゲンたっぷりの素材を使うので、眼に対して馴染みやすく炎症なども起こりにくい。
●後房型の場合ではレンズを入れる場所が角膜から離れているので、角膜に悪影響を与えることがない。
●もしも白内障になってしまったとしても、レンズを取り外して状態をもとに戻し、白内障の手術を受けることができる。
●強度の近視や遠視、角膜が薄い、日常的に激しい運動をすることが多い…といった人でも受けられる。
●乱視用や老眼用と、レンズの種類が多い。
●レーシックに比べてグレアやハローの発症率が低い。
●コントラストも鮮明な視力を得ることができる。

視力が低下したら、それを補うためにメガネをかけるわけですが、フェイキックはメガネよりも視野を広く保て、モノが大きくくっきりと見えます。
しかも、メガネは気温差の激しい場所や暖かいものに近づくと曇ってしまいますが、フェイキックはそうした曇りは一切なし。
スポーツ時に外れることを気にしないでいいので便利です。

では、コンタクトレンズと変わらないのではないかと思うかもしれませんが、フェイキックは着脱する必要がなく手入れもありません
コンタクトレンズは毎回、きちんと手入れをしないとバイ菌などが繁殖してしまい、眼に病気やトラブルを引き起こしかねません。
そうした手間がフェイキックには一切ないのですから楽。そのままプールや温泉に入ることも可能です。

新宿近視クリニック

-フェイキックとは?

Copyright© フェイキック.com , 2017 AllRights Reserved.