失敗談

フェイキックの後遺症

投稿日:

フェイキックで気を付けたい!術後トラブル

安全性が高いと言われているフェイキックですが、後遺症合併症の可能性がまったくないわけではありません。
これはフェイキックだけでなく、レーシックでも他の手術でも…どんな治療にもそうした可能性はあるのです。
では、フェイキックではどんな後遺症や合併症などのリスクがあるのでしょうか?

角膜内皮障害と白内障

フェイキックで使う人工レンズは、眼の角膜と水晶体の間に入れるのですが、前房型での術式ではレンズと角膜内被と接触してしまう場合もあり、これが角膜内皮障害を引き起こしてしまうかもしれないといった可能性があります。では、後房型では大丈夫なのかというと、こちらはレンズと水晶体の距離が近いので、白内障といったリスクがあります。

眼内レンズのずれ

フェイキックの手術では、角膜を削らず人口レンズを眼球内に設置します。
一人一人の目にあったレンズを選んで設置するので安全性は高いのですが、ごく稀にずれてしまうといったことがあります。
その場合は、再度手術をしてレンズを入れなおさなければならなくなります。

レンズに混濁が発生

レンズ本体に付着物がついてしまい、ごく稀に混濁が起こってしまう事があります。
なぜ混濁してしまうかの原因は不明で、タンパク質や脂肪質が付着することで発生しているのでは…と考えられているようです。
そのまま感染症を引き起こしてしまうかもしれないので注意が必要です。

めまいや頭痛

フェイキックの手術後、眼圧が上がることでめまいや頭痛が引き起こされることがあります。
時間が経つにつれて症状が軽減していきますので、そこまで心配する必要はありません。
早い人では数時間で収まるようです。
ただ、いつまでたっても治まらない場合は、医師に相談したほうがいいでしょう。

感染症や炎症

手術後のアフターケアは必要不可欠で、点眼や服薬で感染症や炎症が起こらないように予防します。
また、むやみに目をこすったりゴミが入ってしまう事で、感染症や炎症を引き起こしてしまうかもしれないので、こちらも注意が必要。
さらに、紫外線にも弱いですから、サングラスやUVカット効果のあるメガネ、帽子や日傘といったアイテムで目をしっかりとガードしなければいけません。

手術後に何か違和感を感じるような事があったら、すぐに医師に相談
カウンセリングやアフターケアについての注意事項もしっかりと聞き、指示通りにおこなうように努めます。
そうすることで、手術後の後遺症やトラブルを避ける事ができるのです。

新宿近視クリニック

-失敗談

Copyright© フェイキック.com , 2018 AllRights Reserved.