フェイキックとは?

フェイキックは老眼でもできる?

更新日:

老眼には後房型レンズによるフェイキック治療

40代になると自覚症状が表れてくるといわれる老眼
老眼が進行すると手元や小さい文字見えにくくなり、細かい作業が難しくなってきてしまいます。

昔は老眼に対しての治療法はなく、老眼鏡に頼るしかありませんでした。
が、近年では有効な治療法が確立されてきて、老眼鏡だけに頼らなくてもよくなってきています。
老眼で白内障がある場合は多焦点レンズによる白内障手術、白内障のない人には遠近両用レーシック老眼治療カメラモノビジョンレーシック、そして遠近両用フェイキックと治療の選択肢が増えてきているのです。

とはいえ、フェイキック治療も最初から老眼に対して治療ができるものではありませんでした。
レンズの発展から老眼でも治療可能になってきたのです。ただ、レンズの種類が限定されるものとなります。
フェイキックで使用されるレンズは前房型と後房型とありますが、老眼で使う際には後房型レンズを使用します。

とはいえ、加齢による水晶体の機能低下は予防することはできませんので、フェイキックの手術後に老眼になることもあります。
その場合は、カムライントレーといった、角膜内に薄いリングを入れる治療を受ける必要があります。
リングの真ん中は小さな穴が開いており、その穴から物体を見るようになります。これは、光の幅を狭くすることで、ピントを合わせやすくするのです。

カムライントレーはフェイキックの後に受けることも可能。
手術自体はそう難しいものではなく、大体30分~1時間ほどで終わり、日帰りで受けることもできます。

新宿近視クリニック

-フェイキックとは?

Copyright© フェイキック.com , 2018 AllRights Reserved.